どんな紐の紙袋が安いの?

紙袋に使われる紐の種類

オリジナルの紙袋を作るなら、印刷会社に依頼するのも一つの手です。印刷会社に依頼すれば、デザインに集中してあとは紙質や表面加工、持ち手になる紐を選べば形になります。
紙袋に使われる紐にはどんな種類があるのでしょうか。アパレルのショッパーによく使われるのはナイロン製や布製の丸紐です。色の選択肢も豊富に取り揃えている印刷会社が多いです。中に入れるものが重い場合は、紐が肩に食い込まないように平紐を選ぶといいでしょう。また、企業の説明会などでカタログなどを入れる紙袋なら、より頑丈なハッピータックという種類もあります。他には、宝石やアクセサリー店で使用するような紙袋には、サテンリボンがよく使われています。光沢がありゴージャス感が出ますね。

安く作るならどんな紐?

コスト重視で安く紙袋を作りたいなら、持ち手の紐は紙製がおすすめです。紙製の紐には平紐のほか、単丸紐と呼ばれる紙テープを縒って作る紐や、三本紐と呼ばれる紙紐を三本縒りあわせて作る紐などがあります。紙製なので水に濡れると強度が落ちるという弱点はあるものの、通常の雨程度なら問題ありません。
中でも平紐を紙袋本体の内側に貼り付けるタイプは、単丸紐や三本紐に比べコストを抑えることができます。雑貨店や和菓子の紙袋で見たことはありませんか。紙袋本体のデザイン次第では安っぽくならずに作ることができます。
せっかくオリジナルの紙袋を作るなら、デザインだけでなく仕様にもこだわりたいところ。用途と予算に合った紐選びで満足のいく紙袋を作りたいですね。

オリジナルの手提げ袋は、企業のノベルティや学園祭、地域のイベントなど様々な目的に使うことができます。