オーダーメイド

一からデザインをして紙袋の印刷をしてもらいます。他のお店との違いを出せるので、お店のイメージに合わせて作るなどが可能になります。一から作成するにあたって、専門のデザイナーにデザインをしてもらう方法も選べます。

注文の数で料金が変わる?

単価を下げるには大量注文がオススメ!

お買い物をした時、お店のロゴが入ったオリジナルの紙袋を手渡されることも多いですよね。普通ならそのまま捨ててしまいがちな紙袋ですが、素敵なデザインの紙袋は、ついつい何かあったら使おうと、手元に残しておこうと考える方も少なくないと思います。 そんなお店のプロモーションにも繋がる紙袋を、少しでも単価を下げて作りたい!と思った方にオススメなのが、大量注文です。オリジナル紙袋の印刷を印刷専門の業者にお願いする場合、100枚単位や50枚単位など、業者によって刷れる枚数に差はありますが、100枚以下の注文の場合単位が高くついてしまうケースがあります。お店によって価格表をサイトで公開をしていたり、無料でお見積りをとることも出来るので、複数の業者を比較しながら無理のない範囲で、枚数を多く注文するのが単位を下げる秘訣です。

発送までの期間にも注目!

大量注文でお得になった紙袋。更にお得にするコツは、営業日計算です。通常「何営業日」と記載されることが多い、注文をしてから発送されるまでの日数。早いところでは1営業日や2営業日など、注文してすぐに届くところもありますが、時間に余裕があるならば出来るだけ長い日数をとるのがオススメです。営業日ごとに単価が変わらないケースもありますが、業者によっては短い営業日と長い営業日を比べると、短い営業日では長い営業日の単価の3割増しになっている場合もあるので、注意してください。 また、時期によっては大量注文をした方限定の割引フェアが行われていたり、業者ごとのお得なキャンペーンを利用することで、更に安く作れるケースもあるので、複数の業者の情報を常に得るようにしておくのが大切です。

安く作る

お店で使う紙袋は、できれば個性的な印刷を施している方がいいでしょう。しかし無地に比べるとコストがかかりやすくなり、経営に影響が出る可能性もあります。デザイン以外の部分でコストが下げられれば、使い続けられます。

紙を薄くしても大丈夫?

紙には、様々な厚みがあります。紙袋として一般的な厚みの120kgは強度もしっかりとしており、様々な用途に使うことができます。少し丈夫な紙袋を作りたいと考えるのであれば、135kgの紙を考えておくと…

Read More

どんな紐の紙袋が安いの?

オリジナルの紙袋を作るなら、印刷会社に依頼するのも一つの手です。印刷会社に依頼すれば、デザインに集中してあとは紙質や表面加工、持ち手になる紐を選べば形になります。紙袋に使われる紐にはどんな種類があ…

Read More

印刷コストが安くなるデザインにする!!

印刷コストが安くなるデザインにするために、いくつか気をつけなければならないことがあります。ひとつは「印刷部分を少なくすること」です。袋は持ち歩くもの。体にも服にも触れるので、擦れて色落ちすることも…

Read More

おしゃれな雰囲気を出す紙袋の印刷について

紙袋の印刷は商店や品物の名前を宣伝する以外に、華やかでおしゃれな雰囲気を演出する目的でも行われます。紙袋の大きさや材質に合わせ、模様やイラストを選んで印刷するのが個性を演出する工夫です。